滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

山登り教室 修了山行~槍ヶ岳~ その2

8月14日
3時起床。雨は降っていない。
 満天の星空だ!という声も聞こえてきたので、天気は期待できるか?
前夜は、耳栓のおかげか?!案外眠れたとはいえ、ボォ~っとしながら、寝袋をしまい朝食の準備をお手伝い。
朝は、ご飯と持参の味噌汁&漬物。空腹かどうかに関わらず、エネルギー補給として無理やりに
でも食べなくてはいけない。
朝食が済めば、荷物をパッキングして出発(5:00)だ。・・・・雨が降ってきた。
 今日も合羽を着て出発・・・大丈夫かなぁ~
今日の一つ目の目標、樅沢岳へ向かう。いきなりの登りで、呼吸があがるけれど、今日は一度
上がってしまえば、比較的なだらかな尾根歩きだ。がんばろ~。
約40分で樅沢岳に到着。
 ここから頂上まで約5時間程とのこと。内2時間は登り・・・うぅ。過酷な現実(涙)
徐々に周りが明るくなって、天候も回復してきた!しかしまだ槍は見えない。
one.jpg
見えたら見えたで、あまりの遠さと険しさにちょっとビビる・・・
 遠くの尖っているのが槍ヶ岳。本当に、今日中にあそこまで着くのかしらん・・・・
Yari_2.jpg
なだらかな尾根歩きとはいえ、アップダウンはもちろんあるし、危険な箇所もたくさんある。
補助のために使っているストックも、岩場なんかでは逆に危険になる。ということで、
スタッフの方がストックを預かってくれる。。
 わーん。ストック没シュートだぁ~(涙)
 と思ったら、安全なところでは返していただけた。私たちの安全を第一に考えて下さってありがとうございます。
Yari_1.jpg
少しずつ近づいてくる槍
 <栄光の架け橋> by ゆず が頭のなかでぐるぐる回って、一人ウルウル~ってしてた(笑)
 まだまだ先は長かったけれど、振り返ると、今まで歩いてきた道が見えたから。
 ♪決して平らな道ではなかった けれど、確かに歩いた道だ

標高も高く、苦しい登りを終え、とうとう槍の肩に到着(10:00)!!
ここにザックを置いて、空身で頂上アタック。頂上までは険しい岩場で、先日の蓬莱峡での
ロッククライミング実習が役立つ。はしごがかかっている部分もあるけれど、運良く?!雲が切れて
下まで見渡せるので、なかなかの恐怖感だった。
Yari_3.jpg

たくさんの登山客がいて、頂上までの道は渋滞。
 うぅ。命綱がないから、恐い~。けど、あんなお嬢さん?!も登ってるから大丈夫、大丈夫(^^)
そしてついに登頂!!(10:50)

Yari_4.jpg下に見えるのが槍ヶ岳山荘
頂上は狭いので、満員状態。なんとか祠の前で受講生全員で記念写真を撮影し、下山する。
(下山ルートも渋滞。。)
 あれ?もっと"ヤッター"とかって感動するかな?と思ってたんだけど、、周りも案外普通だ・・(笑)
ここで終わりじゃないのが、登山のつらいところ・・・ここから魔の下りだ。
今日中に、標高を1000m程下げなくてはいけない。
 頂上に到達したのに、その日のうちに帰れない道の険しさよ・・・
登頂し、気持ちが切れた。山頂付近から始まった頭痛がどんどんひどくなり、足裏の痛みも
きつくなってくる。前のペースにもついていけず、疲れで頭がぼぉ~っとしている。
私の様子を見かねて、スタッフの方が休憩を取ってくれる。下りでは、一番つらいタイミングだった。
 気遣ってくださる優しい気持ちに、泣きたい気持ちになった。
結局、前のグループと離れてしまい、私と旦那様にスタッフ3名がついてくださるという充実の
サポートをいただきながら、槍平小屋に到着(16:00)
既に、先行グループがテントを張ってくれていた。
 さっすがぁ~。ありがとうございました。
 昭和61年時点の登山地図によると、山頂から槍平小屋のコースタイムは2時間だったそう。
 新しい地図ほどコースタイムは伸びているそうだけれど(昔の登山者の方が健脚?!)4時間はかかりすぎだろう・・・

近くには沢が流れていたので、リフレッシュに足を洗いに行ってみた。
 ちべた~。。足かじかんでしもた・・・。でもちょっとすっきり。
この日の晩御飯は、汁ビーフン♪
このころから雨が降り出し、止む気配はない。
 沢も近いし、あんまり降ると怖いなぁ。。なんだか今日は眠れそうもないなぁ。

続く・・・
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ハラハラ・ドキドキ・・の2日目でした!なんといっても「高さ」が想像できて、モロ怖かったです。それを登ってらしたPoohさんが偉い!

りつこさん
自分ひとりの力ではとても登れなかったと思います。
本当に、山岳会の皆さんや他の受講生の皆さんに感謝、感謝です。。
プロフィール

winniepooh

  • Author:winniepooh
  • 主婦5年目です。
     2007年5月からロルファーとして活動中!
    コメントやトラックバック内容が不適切と判断した場合は削除させていただきますのでご了承ください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。