滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

ロルフィング体験記~セッション10~

セッション9を受けてから、少し間が空いてしまった。
忙しかったのもあるのだけれど、実はセッション9を受けてから、自分の体がなんとなく落ち着いた
ような気がしていて、セッション10は慌てて受けなくてもいいな~と感じていたのだ。
そして、それを見透かされていたかのように、りつこさんからセッション10の重要性の
説明を受けたのでした(笑)
セッション9まで受けた人は、私と同じような感じになる人が多いのかな?
でも、少しくらい間が空いても、受けた方がよいそうです。

今回は、10セッションのラスト。
いつも通りウォーキング・・・と思ったら、鏡の前で今の状態チェック。
「どうなりたいですか?」と聞かれて、「もう少し痩せたい・・」と的はずれな答えをしてしまった。。
急な質問で、"今日どうなりたいのか?"なのか、"今後"なのかが分からず、
なんと答えればよいかわからなかったのだ。まぁ、冷静に考えてみれば、別にそんな深く考える
必要もなく、普段思っていることをお伝えすればよかったのだろうと思うのだけれど、、
(ロルフィング的に良しとされる体になりたい。と最近よく思う)
「痩せましたよね?」とりつこさんに言われたが、体重的に変化はない。ただ、最近少しバストアップ
したような気がする・・・関係ないか。。

元々、右足のアライメントをきちんと取ると右膝が内側に入る状態だった。今も、その見た目に
違いはないのだが、りつこさんが手で膝を正しいアライメントに戻そうとすると、素直に動く。
以前は、それに伴って腰が回ってしまったのだが、今回はそんなこともない。
その後、りつこさんのサポートを受けながら、膝を曲げ伸ばし。
なんとかいう名前だったと思うのだけれど、忘れてしまった。。

その後、ベッドへ。
地面に対して、細胞が垂直・水平となるよう、微調整をしていく。
私の場合、ふくらはぎは外側が下、内側が上の斜めになっているので、水平になるようにワーク。
腿は、外側が上、内側が下の斜めになっている。これは、腿の外側が強く上に引き寄せられて
外側が短くなった結果ということで、外側の長さを取り戻すようにワーク。
セッション10は、最終調整なので、きついワークをすることはあまりないのだそうだが、
山登りのようなハードなスポーツをするクライアントが私くらいなものだそうで、
気になるところがいろいろあるらしく、ところどころきつ~いのが入ってくる。
特に足裏がきつかった。。
①右足裏は外側が短くなっているので、自分でマッサージすること。
②脛は頚骨に筋肉がはりついたような状態になりやすいので、使った後は、リリース。
 ※その他の筋肉についても使った後は意識的にリリースすること。
③脚が骨盤の方に詰まりやすいので、グラスホッパーでリリース。一人でやるのは少し難しいので、
 誰かに脚の付け根を押さえてもらってやると、うまくリリースできるそう。

上半身はきれいに水平になっているとのことで、軽め。
ただ、腕の付け根部分をワークしてもらっていた時、自分でも知らない間に緊張していたようで、
"あっ、力入ってた・・"と気がついた瞬間、スーっと腕が伸びていくような感じになった。
④腕については、上向きに寝て人差し指を中心に内側・外側にゆらゆらと腕を動かすことで、
 リリースが可能。※手の目を意識して!
⑤背中。左背面に呼吸を持っていくことが苦手だけれど、これができれば、背面の緊張を
 ほぐすことができる。練習しよう。
 また、呼吸については腹式呼吸になりがちなので、吸った時にお腹が凹む(そうすると、
 おへそがたてになる。)呼吸法"も"マスターしよう。
下向き・上向きでワークをしてもらいながら、上記のような今後の注意点?課題?を教えてもらう。

そして、統合。最後はものすご~くリラックスしていたので、ついうとうととしてしまった。
そのおかげか?!ばっちりペルビックロックがりつこさんに伝わった様子。

しばし休憩した後、ムーブメントを2種類。
1)壁に向かって立ち、右手を胸の高さで壁につく。右脚を少し下げ、この状態でグラスホッパー。
 右脚の後ろが伸びるのと同時に、右手に壁を押す力が伝わってくる。
2)エクササイズ用のゴムバンドを右手に持ち腕を上げる。反対の端はりつこさんが持つ。
 右脚を少し下げ、グラスホッパー。右脚の後ろが伸びるのと同時に、右手でゴムバンドを前に引く。
この2つを行うことで、体のコーディネーションができて、上と下が繋がるのだそう。
そしてウォーキング。足親指でプッシュの感覚は、前回のムーブメントクラスでイメージできて
いたし、今回のムーブメント効果もあってか、下から上がってきた力が、前に出るような流れが
細~いけれど、できているとのこと。
やったー!!横に揺れて歩いてるって聞いてから、なんだか損したような気分だったんですよね。
今はまだ、細い流れだけれど、今後の心がけで確実なものにしていこう。
椅子ワーク後、写真を取って終了。
セッション用に撮影した写真は、希望があればいただけるそうだから、是非いただいて見てみたい。

>>終了後の感触
 今回は、大きく感じるような体の変化は特にない。
 気持的には、10セッション締めくくりであると共に、スタートラインに立ったという感じで、
 さぁ、これからが大事だ。と思っている。


~10セッション通しての感想は、また別途公開します。~
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

winniepoohさん、#10シリーズ終了でおめでとうございます。
Rolfingは単なる体だけのワークというより、身体組織もふくめての「再教育」ということですから、本当は「終了証」なんかがふさわしいのかも。
これから準備いたしますね。

お腹が縦に凹む呼吸法「も」・・・本当に是非使いこなしてください。きっと未来に役立ちますから。

3週間くらいおいて、ご自身の感想をうかがえるのがとても楽しみです。

もしかしたら、振り返って感じてみることが一番Rolfing効果を長続きさせる秘訣かもしれませんから。

すいません、追記です。

以前#9と#10の間が半年位あいたclientさんがおられました。
「ちょっと来るのに勇気がいりました。」って、おっしゃって、本当にそうだろうな~~って。

でも、終了してから「やっぱり来てよかった!です。」っておっしゃってくださって。

やっぱり、アイダ・ロルフが人生の全てをかけて構築した10シリーズなんですね~。
プロフィール

winniepooh

  • Author:winniepooh
  • 主婦5年目です。
     2007年5月からロルファーとして活動中!
    コメントやトラックバック内容が不適切と判断した場合は削除させていただきますのでご了承ください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。