滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

ロルフィング体験記~セッション7~

今回は、胸から上。特に頭部へのワーク。

まずは、ウォーキングから。今回は、いつもより多めに歩いたと思う。普段、大またでドスドスと
歩いているが、ここでは、少し歩幅を狭くし女性らしい歩き方をするように言われる。
さすがに照れがあって、音楽にのって歩くところまではできない。。
(音楽に合わせて体を動かすのは好きな方なのだけど、やれって言われるとできないものだ。)

ベッドで、首付け根をリラックス。始めからいい具合に開いているそうだ。
その後、背中の下に手を入れて、背中を広げる感じでワーク。背中への呼吸は十分に
入れられるようになっているので、膨らませるだけでなく、縮める(よかった(^^)という感じで、
胸をなでおろす)ことも、意識して行うよう言われる。
 よかった探しの「ポリアンナ物語」ご存知ですか?
胸部の骨をほぐすような感じで、ワーク。
その後、右腕(肘から下)にワーク。肘側から手の方向にぐぐっとプレッシャーがかかる。
痛みを感じるが、人差し指から水が流れ出すイメージを持つと、同じプレッシャーでも痛みが
和らぎ、受けれることができた。手のひらの中心も少しほぐし、そこを意識しながら、
肘を上下に動かす。但し、肩は動かさず肘だけをスライドさせるイメージ。肩は忘れて。
肘は、胸のラインまで上げて、下げる時は人差し指が足よりもっと向こうにスーッと繋がるイメージ。
私にとっては、とても有効な動きだそうなので、家でもやってみようと思う。
左側も同様に(でも、右ほど念入りに行う必要はなかった様子)

そして、ついに口・鼻へのワークがスタート。
まずは口から、目を閉じて意識は一点に集中せずに、ぼんやりと起こっていることを受け止める
ようなイメージで。他の部分へのワークと異なり、左右交互に歯茎の外側内側に指を滑らせていく。
(とても、デリケートな部分なので少しずつ少しずつバランスを取りながらワークしていくのだそう。
 これも、ロルファーさんによっていろいろのようだ)
(上顎の内側は、やわらかいところは絶対触らず、硬いところだけ。)
人差し指が奥歯の方に入ってきて、軽く噛む。噛むと奥の方があくので、更に奥に入ってくる。
奥歯が抜けそうな感じがするくらい。もうすぐそこが耳じゃないかと思うくらい、奥まで入っていった
感じ。若干の痛みはあったものの、特に嫌な感じはせずに口のワーク終了。
次に、恐れていた鼻のワーク。
生まれてこのかた、鼻に人の指が入ってくるなんて経験はないので、どんなことになるんだろう・・・
こちらは、潤滑剤としてアロエのジェルを使う。
まず、第一の部屋。うっ、本当に入ってる。今想像すると、笑えるけど、その時は笑う余裕はなし。。
でも、結構あっさり。そして第二の部屋。スーッと入っていく。このあたりから、少しツーンとしてきた。
で、角度を変えて第三の部屋。「くしゃみが出そうですっ」ということで、右側終了。ふ~。
日本に戻ってから、ここまで入った人は初めて!だそうです。喜んでいいのかな・・・
左側も同様に。鼻の方も嫌な感じもなく、終了。ホッ。。
鼻の美容整形をした方には、とても有効だそう。鼻の奥の方が広がった感じがする。
最後に頭。以前よくあたまのてっぺんに向けて、ぎゅーっと引っ張られる感じのすることが
あったのだけど、実際頭の繊維がそういう感じでてっぺんに集まるような感じになっているそう。
パソコンに長時間向かっていると、そうなってしまうので、ここを自分でほどけるように
なりたいものだ。

そして統合。シーツ越しにお尻の下(仙骨のあたり)に手を入れて、
お腹の上にもう一方の手を置いて、リラックスして呼吸。慣れたもので、
するするとほどけていった様子。(自分ではわからないのだけれど、、)
そして、仙骨の揺れもはっきりと川合さんに伝わったそう。10シリーズの中でこれほど
はっきりと揺れが伝わるようになるのは珍しいそうなので、とてもラッキーだった。

>>終了後の感触
 肩がぐっと下がって、落ち着いたという感じ。
 今まで私の肩はどれだけ背伸びしていたのか・・・
 いつか絶対あるある大事典の健康チェックをALLパスしたい。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

いつも丁寧な説明で、本当に楽しく拝見しています。

ちょっと#7のことで、付け足しをさせてくださいね。

「ポリアンナのよかった!探し」というのは、呼気のときのイメージです。

winniepoohさんは、吸気であがった胸郭がそのままその高さに留まってしまうパターンがあります。
つまり、呼気につかった筋肉が縮んだままなんでしょうね。

それで、「あ~、よかった!」っていう時の「ホッとした感じ」をイメージしていただくために、こんな表現になりましたね。
そうすることで、縮んでいた筋肉が、ゆる~くなって休むことができるんです。

身体はイメージで動いていますから、気持ちにピンとくるイメージをみつけるといいですね。

それと、ご説明が不十分でしたが、今回はわけあって「鼻・口」を先にしました。

一般的には最後です。

それと、首へのワークは#7で大切なんですよ。
「痛~~い」といっているうちに進んでしまったのであまり意識に残らなかったのかもしれませんね。

これからは、もう少しきちんとご説明するようにします。

これからもよろしくお願いします。
プロフィール

winniepooh

  • Author:winniepooh
  • 主婦5年目です。
     2007年5月からロルファーとして活動中!
    コメントやトラックバック内容が不適切と判断した場合は削除させていただきますのでご了承ください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。