滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

ロルフィング体験記~セッション5 腹・腰~

今日は、お腹。
「お腹がひっこむ」と聞いていたので、とても楽しみだった。
午後からのセッションだったので、お昼は少なめにして備えた。

海外でも「体重5Kg減るくらいの効果がありますよ」という"うり"になるそうで、それを聞いて
ロルフィングを受けることを決心する人もいるそうだ。

では、セッション開始。
いつも通り、ウォーキング。4セッションの後に感じた足の軽さは、今はもう感じない。
それが普通になってしまったのだと思う。
首の周りは相変わらず緊張しているが、下半身はよく動くようになったらしい。

ベッドに上向きで寝て、首付け根をリラックス。
そのまま上向きで、まずは左からあばらやわき腹をほぐすような感じ。
右下で寝て、横からお尻、わきにアプローチ。右も同様に。

再び上向きで、今回のメイン筋肉にとりかかる。
骨盤に沿うような感じで押さえていくと、特に痛みもなく入っていった様子。
右足を曲げて、踏み込む力を左の骨盤奥の筋肉に伝える。
その力で左脚を曲げて、伸ばす。
曲げるときも、伸ばすときも、間違った形で動かさないように、サポートしてくれる。
左右共同じようにするのだが、私は、右足が外に逃げる癖があるようで、踏み込むときも
曲げ伸ばしする時も、力の伝え方が難しかった。
また、右のわき腹は普段自分で押さえたりすると痛みを感じることがあったので、
少し不安があったのだが、全く問題なかった。
ロルファーさんが思わず"よくできてますね"と言ってしまうほど、素直に伸びてくれた様子。
体って素晴らしい(^^)一通り終わったところで、お腹を触ってみる。
確かにへこんでる~♪♪
次に、ウォーキング。
お腹付近が、楽になっている。(今までも、歩くときにお腹が苦しかった訳ではないけれど)
イメージ的には、これまできゅっと縮んでいた腹直筋(rectus femoris)が、今回のセッションで
すーっと伸びたという感じ。
最後にバックワーク。背骨をひとつひとつ起こしていくイメージだが、真ん中辺がかたまって
動いてしまうようだ。背中の硬さは自覚するところなので、バックワークがうまくできるような
柔軟性を取り戻せたら。と思う。

>>終了後の感触
帰り道、左の力が右に伝わって・・・とイメージしながら歩いていると、骸骨があるいている映像が
頭に浮かんできて離れなくなってしまった。
(歩くために体中の骨がキシキシ動いているのだろうなと)
翌朝、起床時にいつもやっている脚をかかえるストレッチをしたところ、いつもより脚を近くに感じた。
また、深呼吸するのが楽になった。
以前から時折感じていた、歩行時の左足付け根の痛みは未だ感じられるが、そのうち
いい具合になるかな。と静観することにする。
次回は、お尻がパフパフになるそうなので、楽しみだ。




スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ロルフィング、お腹バージョン。
かなり興味深く読ませていただきましたぁ!

体重が5キロ減るなんて、かなり魅力的ですぅ。

最近の私はというと、
いわゆる「大人の肉」が体につき始めたこと!
「えぇ~、こんなところに肉が!」
って思うところに、肉が・・・。
特に、
骨盤の上からおへその間にかけての肉が
激しい!!!

ロルフィングのダイエット効果・・・期待「大」です。
次の報告楽しみにしていまーす!

あら。若干誤解を招いてしまったようなので、補足を・・・
「体重5Kg減るくらいの効果がありますよ」
→「体重が5Kg減ったように見えるくらいお腹が凹む」です。すみません。
私は、海外の方々ほど(イメージ)お腹が出ていることはないので、そこまでの変化はありませんでしたが、確かにすっきりした感じがしますよ。

私もこのセッション大好きです☆
おなか、へっこみますよね…本当に。
ポスト10でおなかのワーク受けた時、
目が飛び出るほど、おなかがへっこんだ事がありましたよー
プロフィール

winniepooh

  • Author:winniepooh
  • 主婦5年目です。
     2007年5月からロルファーとして活動中!
    コメントやトラックバック内容が不適切と判断した場合は削除させていただきますのでご了承ください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。