滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

エッセーの書き直し

先日、Rolf Instituteに提出する願書用のエッセーをインターネット翻訳などを用いながら、
なんとか書き終えた。当然、そのまま送れる訳もないので、英語学校のNative講師にチェックを
依頼した。

今日、返ってきた・・・・

最初の3行ぐらいで、"Aho!Irrtating!!"(あほ~、いらいらするよっ!)
どこが、文の切れ目かすら分からなかったらしい。。

読み返してみると、確かに分からない・・・ちょっとへこみながら、書き直した。
まぁ、多分後3回や4回は書き直しだろう。そこまで見てくれれば、、の話だけど

まだまだ続く、、、
スポンサーサイト

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

ロルフムーブメント第2期 2回目

最近、ムーブメントクラスの方々の中にも、このブログを見てくださっている方々がいて、
とてもうれしい♪
はりきって書くので、私はこんな風に感じたよーとかあれば、是非コメントしてくださいね(^^)

・間質物質における循環について
皮膚下の間質物質は、"蝋(ろう)"が溶けたようなイメージで、ゾル状(サラサラ)・ゲル状(ドロドロ)
の状態で存在する。その「粘性」は、薄い(サラサラ)の方が循環はスムーズに行われる。
また、ストレッチに関して、
 ○ゆるむ→弛緩:テンションに関わる・・筋繊維を包んでいる膜
 ○ストレッチ→伸展:長さに関わる・・筋繊維
 ※筋繊維と、それを包む膜とはセットで動くため、同じもののように考えられているが、実際は異なる。

ロルフムーブメントでは、γモーターニューロンにアクセスしたい(ロルフムーブメント体験記"5回目"参照)
ので、αモーターニューロンには極力アクセスしたくない。
でも、これはとても難しいということを知り、"アクセスできなかった""感じられなかった"ではなく、
ほんの少しの変化でも事実として認めて、"よくできた!!"と褒めてあげよう♪
きっと、褒めれば育つはず(^^)感じようとすることが、後の正しい認識へと繋がっていくのだ。

休憩後、ムーブメント開始。
今日は、小さなふにゃふにゃボールを使って行う。
右足はひざ立ちでアライメントを取る。(外側に流れやすいので注意)
右足の内側にボールを置いて、左足踵で踏みながらお尻を落としていく。ボールの上に座って
しまう。右側の坐骨が右足踵付近に当たれば、そのままぐーっと体の力を抜いていく。
ハムストリングスは坐骨に着いているので、踵が当たることでハムストリングスが伸びていく。
腿の前面もぐーっと伸びている感じ。
しかし、肩や腰の力を抜くのが意外に難しく、体が斜めになってしまったりする。
アライメントを保つのも大変だ。普段、家で正座なんてすることがないけれど、
これから、アライメントを意識してやってみようかな。

2つ目は、足首付近の弛緩(だと思った)
まず、両足をぴたっと付けて踵を上げずにしゃがめるか試してみる。私は、一応できた。
中学の頃とかできなかったような気がするんだけど、、
まず、床に両手をつき、手の目をOPENする。しっかり開いたところで、
両足を10cm程間を空けてつく。踵は上がってもOK。足の目をOPEN。
手の目・足の目がしっかりOPENした状態で、徐々に踵を下ろしていく。
でも、"踵をつけよう"という意識ではなく、"後ろが伸びていく"イメージだ。
普段、足の目を意識しにくい右脚の踵が伸びにくい。前も後ろも詰まっているような感覚だ。
どうですか?って聞かれた時になんで言えないんでしょ。ごめんなさい。。
このムーブメントは、頭をだらーんとして行うので、起き上がる時に注意が必要だ。
手をついたまま徐々にお尻を上げ、限界まで上げたら手を離し、仙骨から脊椎を一つ一つ
起こしていくイメージで、起き上がっていく。
きっと、このように丁寧に起き上がらなければ気分が悪くなっていただろうと思う。

3つ目は、ヨガの「立ち木のポーズ」
右足の裏を左太ももの付け根につけ、左足で立つ。足の目もお忘れなく。
太ももの内側を弛緩させるのが目的だ。
今回はバーにつかまって、手の目も意識しながら行う。また、私のヨガの本によると、
お尻を引き締めて!と書いてあるが、ムーブメントでは基本的に全身の力は抜いておく。
しばらくやっていると、足が床に根をはったような安定感を味わった。

今回のムーブメントでは、特に2つ目で、明らかに左右違う感覚を味わった。
足の後ろの伸び、足首の柔軟性は山登りには必要な要素だ。
今回のムーブメント、こまめに続けよう。

りつこさんによると、最近やっと「ムーブメント」ぽくなってきたとのこと。そうなんだ~。
これから先、どんな激しい?!ムーブメントを教えていただけるかと思うと、楽しみです(^^)

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

山登り教室 実技講習~テント泊山行~

7月23日24日、テント泊山行ということで比良(坊村~蓬莱山)へ行ってきた。

23日(土):JR近江今津行新快速で堅田駅へ。そこからバスで1時間程行ったところにある
 キャンプ場に宿泊。
 近くにはきれいな川も流れていて、川遊びにきた家族連れなどのどかな光景が見られる。

 ここは比良山系に登る人の拠点のような場所で、他にも沢登りするグループなど予想外にたくさんの人がいた。
 また、私も以前"スノーシュートレッキング"に行った時にここを通過していた。


 テントを設営し、夕食の支度にかかる。
 同じグループの一人は体調不良で遅れて参加ということだったので心配されたが、
 まずまず元気そうで安心した。
 槍ヶ岳登山のテント泊の予行演習ということで、ガソリンコンロやガスコンロの使い方を教えて
 もらう。 キャンプっつったって、楽しくバーベキューなんてことじゃないんです。。
 定番のカレーはおいしくできたし、スタッフの方がサラダも作ってくださって、大満足の晩御飯。
 で、晩御飯が終わればすぐに就寝だ。(20時!!)
 なんといっても、翌日は3時起きで7時間以上歩くということでしっかり寝なくてはいけません。。
 が・・・記憶にある限りでは、テント泊は初めて。
 夜眠れるように朝は早めに起きて、移動中にも寝ないように心がけていたけれど、眠れない・・・
 周りでは家族連れや若者グループの声が聞こえてくるし、意外に車の通りも多いし、スタッフの
 方は慣れてるからいびきかいて寝てるし、蚊取り線香臭いし(しかも7箇所も虫刺されて、効果なし・・)
 意外な神経質振りを発揮?!して、ほとんど眠れなかった(涙)
 槍ヶ岳ではテント2泊もするのに、こんなんで大丈夫だろうか。。。

24日(日):3時起床で行動開始。
 もちろん、朝ごはんはしっかりご飯と味噌汁をいただき、(ご飯も味噌汁もフリーズドライで
 お湯入れるだけのやつ。)テント撤収。改めてザックをパッキングし直して、5時にキャンプ場出発。
 長い一日のスタートだ。
 私は歩くのが遅いみたいで、いつも先頭"ご指名"。
 一番遅い人に合わせるのがチーム登山の基本だからだ。。
 結構気を遣うからしんどいんですよ~(涙)

 今回のコースは沢沿いで、危ない箇所もあったけれどさわやかでなかなか楽しいコースだった♪
 蓬莱山頂は、スキー場琵琶湖バレーの頂上ということで、最後の登りは急だ。。
 でも、頂上で食べるためにスイカを担いで登ってくださっているスタッフの方がいて!
 それが楽しみで頑張った(笑)頂上は、残念ながらガスっていて眺望はなかったけれど、
 スイカはおいしくいただきました♪

 さぁ、後は下るだけ。下りは膝を痛めないようにサポーターを装着。
 今度は、旦那様と二人して一番前に"出されて"周りの笑いを取りながら?!歩き出す。
 旦那様が前にいるので、着いて行こうとがんばった(笑)
 着いて行けないとまた一番前にされちゃうし。。
 でも、やっぱり途中から着いて行けなくなった。11Kgの荷物を担いで、自分の体力で
 体を痛めないように歩こうと思うと、やっぱりだいぶゆっくりになるなぁと痛感。
 やはり筋力が足りてないのだな。。筋トレ嫌いなんだよー(涙)
 
 40分歩いて10分休憩というペースで下りていて、最後の休憩後、私は膝に痛みを感じて、急激に
 ペースダウン。チームはというと・・・・ビールペースであっという間に見えなくなった・・・
 まぁつまり、後30分程で駅近くのコンビニに到着するので、そこで"ビール"買えるからっつって、
 さっさと行っちゃったんですね。もちろん旦那様の姿もはるか彼方・・・( ̄□ ̄;)
 何はともあれ、無事約10時間の行動時間を終え帰途に着いたのでした。

テント泊で行動というのは、朝早いこともあってか暑さがきつくないので、思っていたほど
しんどくはなかった。
とはいえ、テントで寝られないのはつらいので、耳栓するなりして解決したいと思う。
蚊取り線香対策はマスクかな~。。

今後も毎週実習が続いて、お盆にはとうとう槍ヶ岳山行!がんばろ~♪

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

ロルフムーブメント第2期 1回目

文化サロンでの講座は、3ヶ月一区切りなので今回から第2期となります。
今日の講義は解剖学ではなく、Movementとはなんぞや。という大きなお話。これを知った前提で
今後の講義は進められるそう。

◆Movement is no something that we do. Mobement is something that we are.
                                             (by Emilie Conrad)
◆The way you walk across the room is the way you walk through life.
                                              (by Vivian Jay)
  ロルフィング・ムーブメントプラクティショナーの言葉だそうで、ムーブメントを的確に表して
  いるということで、ご紹介いただきました。※3つ目はどなたの言葉か分かりません。


◆感情は行動に従う
  実際は、行動が感情に従ってしまうこともままありますよね。会社に行くのに、駅のホームまで行って帰って
  きてしまったこと、私にもありました・・・


「感じる」感覚器官と心・霊性の2種類ある。
・ホーリズム(全体主義)⇔リダクショニズム(環元主義)
 ↑ムーブメントではこちらが重要。ホーリズムってなんだっけ。と思って、ネット検索・・・う~ん。難しい。。
  "全体主義"なんて検索すると、独裁的な政治体制なんて結果???

・知覚神経<-----遠心性-----運動1.5%(運動に関わっている)
        -----求心性----->神経98.5%(Movementクラスでクリアに。)
                            構造が決定し、正しい認識が行われる
感覚器官の目覚め→感じる→・・・聞き逃してしまったので、後日追記します。。

「知覚」
無意識 ・Intrasensoriality ●(中)
      ・Intersensoriality ○∥○(間)
意識   ・Extrasensoriality (自分でない外側)
   ※注:必ずしも、無意識・意識と完璧に分けられません。

<<Movement>>
①「Intrasensoriality」には五感がある。(見・聴・味・嗅・触)
 2Ways
  [フォーカス(直)--部分として分析]
  [ソフトフォーカス--全体として受容]
 この2点について、全五感を交互に実施。フォーカス時は、頭の後ろがク~っと引っ張られる感じ。
 りつこさん以外、全員が"見"時が一番きつかったとのこと。
  寝転がってやったので、実は途中ウトウトしてしまったのは、私だけではないはず・・(^^)

②ペルビック・ロック
 赤ちゃんの時には、誰もが持っている動きなのに、成長と共に忘れてしまっている動き。
 取り戻すのはなかなか難しいのだ。
 吸気の時に、骨盤から外に力が向かっていくイメージ。呼気で戻ってくる。それに合わせて、
 尾骨が前後に動く。
 そんなに大きな動きではないから、目で見るのは難しいと思っているので、
 感じようとしているのだけれど、どうなんでしょ?目で見て分かるものでしょか?
 フェルデンクライスや、ピラティスにも似たの動きがあるけれど、中身は全く異なるので、要注意!

これから、3ヶ月間よろしくお願いします。

<番外>
7月からのメンバーは2人抜けられて、1人入られたということで、よく知った顔がほとんど。
ただ、お二人が抜けられることを知らなかったので、前回、きちんとお別れのご挨拶をしなかった
ことが悔やまれる。。また、いつかお会いできますように。

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

カテゴリ変更

これまで、「ロルフィング体験記」にまとめていた「ロルフムーブメント」ですが、
「ロルフムーブメント体験記」として独立させました!

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

クラスメイト

英語学校のクラスメイトが、一人辞められた。
とても素敵な方で、私としては一番お話し易い相手だったので、週一彼女に会うのも密かな
楽しみだった。だから、とても残念だった。

辞められてしまってから気がついたこと・・・
彼女がとても大きな声で先生がおっしゃったことを復唱されていたこと。
彼女がそこにいるだけで、クラス全体がふんわりとやわらかい雰囲気になっていたこと。

でも、多分それは彼女の努力があったからこそで、一所懸命な彼女にはそれがつらくなって
しまったのかな。と勝手に想像してみる。
 実際、結構大変なんですよね。この学校、、私には合ってますが。

実は彼女には是非、ロルフィングを受けて欲しいと思っていた。
だから、私がロルファーになった暁には、彼女と再会できることを願っている。
それまで、遠くから応援していてくださいね。

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

クジラの島の少女

ニュージーランド好きの私としては、作品の存在はチェックしていたのだが、なかなか機会がなくて
見ていなかった作品。
ぜ~~~たい見なきゃだめだとお薦めいただいたので、早速見ました(^^)

正直、"ハカ"と聞くだけで、なんとも言えない気持ちになる私なので、ところどころ、ク~ッと
しびれながら見てました。

ニュージーランドの青い海・青い空をバックに、なんやかんやあった後、ハッピーエンド♪
ヤッホ~♪♪となるのかと思っていたのだが、いやもっと奥深いものでした。
おじいさんがいい味出してる・・・というか、頑固者で、ちょっと日本人とも通じる風貌に、
親近感とじれったさを感じましたね。
やっぱり、いつかは暮らしてみたい国です。

P.S.
主役の少女、「スターウォーズ エピソードⅢ」に出演中!?ですので、要チェックですよ(^^)

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

ロルフィング体験記~セッション10~

セッション9を受けてから、少し間が空いてしまった。
忙しかったのもあるのだけれど、実はセッション9を受けてから、自分の体がなんとなく落ち着いた
ような気がしていて、セッション10は慌てて受けなくてもいいな~と感じていたのだ。
そして、それを見透かされていたかのように、りつこさんからセッション10の重要性の
説明を受けたのでした(笑)
セッション9まで受けた人は、私と同じような感じになる人が多いのかな?
でも、少しくらい間が空いても、受けた方がよいそうです。

今回は、10セッションのラスト。
いつも通りウォーキング・・・と思ったら、鏡の前で今の状態チェック。
「どうなりたいですか?」と聞かれて、「もう少し痩せたい・・」と的はずれな答えをしてしまった。。
急な質問で、"今日どうなりたいのか?"なのか、"今後"なのかが分からず、
なんと答えればよいかわからなかったのだ。まぁ、冷静に考えてみれば、別にそんな深く考える
必要もなく、普段思っていることをお伝えすればよかったのだろうと思うのだけれど、、
(ロルフィング的に良しとされる体になりたい。と最近よく思う)
「痩せましたよね?」とりつこさんに言われたが、体重的に変化はない。ただ、最近少しバストアップ
したような気がする・・・関係ないか。。

元々、右足のアライメントをきちんと取ると右膝が内側に入る状態だった。今も、その見た目に
違いはないのだが、りつこさんが手で膝を正しいアライメントに戻そうとすると、素直に動く。
以前は、それに伴って腰が回ってしまったのだが、今回はそんなこともない。
その後、りつこさんのサポートを受けながら、膝を曲げ伸ばし。
なんとかいう名前だったと思うのだけれど、忘れてしまった。。

その後、ベッドへ。
地面に対して、細胞が垂直・水平となるよう、微調整をしていく。
私の場合、ふくらはぎは外側が下、内側が上の斜めになっているので、水平になるようにワーク。
腿は、外側が上、内側が下の斜めになっている。これは、腿の外側が強く上に引き寄せられて
外側が短くなった結果ということで、外側の長さを取り戻すようにワーク。
セッション10は、最終調整なので、きついワークをすることはあまりないのだそうだが、
山登りのようなハードなスポーツをするクライアントが私くらいなものだそうで、
気になるところがいろいろあるらしく、ところどころきつ~いのが入ってくる。
特に足裏がきつかった。。
①右足裏は外側が短くなっているので、自分でマッサージすること。
②脛は頚骨に筋肉がはりついたような状態になりやすいので、使った後は、リリース。
 ※その他の筋肉についても使った後は意識的にリリースすること。
③脚が骨盤の方に詰まりやすいので、グラスホッパーでリリース。一人でやるのは少し難しいので、
 誰かに脚の付け根を押さえてもらってやると、うまくリリースできるそう。

上半身はきれいに水平になっているとのことで、軽め。
ただ、腕の付け根部分をワークしてもらっていた時、自分でも知らない間に緊張していたようで、
"あっ、力入ってた・・"と気がついた瞬間、スーっと腕が伸びていくような感じになった。
④腕については、上向きに寝て人差し指を中心に内側・外側にゆらゆらと腕を動かすことで、
 リリースが可能。※手の目を意識して!
⑤背中。左背面に呼吸を持っていくことが苦手だけれど、これができれば、背面の緊張を
 ほぐすことができる。練習しよう。
 また、呼吸については腹式呼吸になりがちなので、吸った時にお腹が凹む(そうすると、
 おへそがたてになる。)呼吸法"も"マスターしよう。
下向き・上向きでワークをしてもらいながら、上記のような今後の注意点?課題?を教えてもらう。

そして、統合。最後はものすご~くリラックスしていたので、ついうとうととしてしまった。
そのおかげか?!ばっちりペルビックロックがりつこさんに伝わった様子。

しばし休憩した後、ムーブメントを2種類。
1)壁に向かって立ち、右手を胸の高さで壁につく。右脚を少し下げ、この状態でグラスホッパー。
 右脚の後ろが伸びるのと同時に、右手に壁を押す力が伝わってくる。
2)エクササイズ用のゴムバンドを右手に持ち腕を上げる。反対の端はりつこさんが持つ。
 右脚を少し下げ、グラスホッパー。右脚の後ろが伸びるのと同時に、右手でゴムバンドを前に引く。
この2つを行うことで、体のコーディネーションができて、上と下が繋がるのだそう。
そしてウォーキング。足親指でプッシュの感覚は、前回のムーブメントクラスでイメージできて
いたし、今回のムーブメント効果もあってか、下から上がってきた力が、前に出るような流れが
細~いけれど、できているとのこと。
やったー!!横に揺れて歩いてるって聞いてから、なんだか損したような気分だったんですよね。
今はまだ、細い流れだけれど、今後の心がけで確実なものにしていこう。
椅子ワーク後、写真を取って終了。
セッション用に撮影した写真は、希望があればいただけるそうだから、是非いただいて見てみたい。

>>終了後の感触
 今回は、大きく感じるような体の変化は特にない。
 気持的には、10セッション締めくくりであると共に、スタートラインに立ったという感じで、
 さぁ、これからが大事だ。と思っている。


~10セッション通しての感想は、また別途公開します。~
プロフィール

winniepooh

  • Author:winniepooh
  • 主婦5年目です。
     2007年5月からロルファーとして活動中!
    コメントやトラックバック内容が不適切と判断した場合は削除させていただきますのでご了承ください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。