滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

TOEICスコア

先日、5月末に受験したTOEICの結果が届きました。

スコア585!
 Listening Section 355
 Reading Section 230

自分としては、目標の500ポイントを、大きく上回る予想外の好成績にびっくりです。
とはいえ、全体的に見ると大したことないのですけどね。
Readingの悪さは勉強不足がもろに出ている感じ。
まぁ、とりあえず今の実力が分かった(あまりいい点なので、ビギナーズラックかも。。)ってことでよしとして、
今後の勉強に生かしたいと思います。
スポンサーサイト

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

スターウォーズ エピソードⅢ

見てきました!先々行上映で!!
たまたま行ったショッピングセンター(箕面Visora)でやってて、しかも空席ありだったので、
どうせ見るんだし・・・で急遽見たのです。。

テレビでやっていた、東京のどこぞの主要映画館のような盛り上がりも混雑もなく、お席にも
余裕がある様子で、なかなかいい席で見ることができてラッキーでした♪
ただ、隣の席の女性が上映中もずっとしゃべってて、とっても気分が悪かった。。いくら空いているとはいえ、最低限の
ルールですよね・・・


内容は、見てのお楽しみということで、ここでは詳しく書きませんが、悪い人たちは、ゆっくり
しゃべってくれるので、何言ってるか聞き取れてうれしいなぁと思ったのと、なんたら星の逆襲が
どうのって言われても、実生活では使うことはないから、英語の学習用としては、むいてないなぁ
なんて考えながら、見てました。

まぁ、何はともあれ、晴れてエピソードⅣ以降を見られることになりました。

・・・しかし、劇中の最新鋭の機器と比べて、ダースベイダーのなんとも古めかしいことか、、、
ウーン、ここは笑うところかしら?なんて思ってしまった私でした。。※あくまで個人の感想ですので、ご容赦ください。

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

山登り教室 実技講習~オリエンテーリング~

6月26日、実技講習2回目の今回は、オリエンテーリングしながらコンパスの使い方を学ぶため、
私市へ行ってきた。
※オリエンテーリング:山野で行われるスポーツの一つ。地図と磁石を使って指示された地点を発見、通過して目的地に達する速さを競うもの。二〇世紀初頭、スウェーデンで考案された。

なんだか、実技講習の前夜は必ずといって良いほど、実技講習の夢を見る。朝早いし、大勢の方々と一緒ということで、やはり緊張しているみたい。。。

淀屋橋から京阪電車で私市へ。私市駅前で、コンパスの講習を受ける。
①目標物は現在地から見て、どの方角(何度°)か。
②現在地から、何度°はどちらか。
③地図上で、A点からB点はどの方角(何度°)か。
いずれも、同じようなことを言っているのだけれど、状況によって使い分けが必要で、
きちんと使えばかなり効果的に自分の進むべき道が分かるようだ。

その後、早速実地練習。
オリエンテーリング用の地図で、①~⑫を直線で結び、順周りと逆周りの2チームに分かれる。
私は、順周りチームとなった。駅からポイント①までの方角を合わせて、出発。
距離感も、目標物(看板にアルファベットが書いてある)がどんなものかも分からないので、
ちょっと不安げに進んでいたけれど、スタッフの方が地図上の目標物などをアドバイスしてくれて、
進路があっていることを確認しながら、前に進む。
ポイントは地図上で、赤い○で囲まれているのだけれど、実際の距離にすると100mほどの範囲
ということで、ポイントを見逃さないように注意して進まなくてはいけない。
そうこうしているうちに、ポイント①を発見!
看板に描かれているアルファベットと、到着時間を記録して、ポイント②を求めて進んでいく。

こんな感じでポイント⑫まで行うのだ。実際のオリエンテーリングという競技の場合は、速さを
競うそうで、参加者は軽装で走って行うそうだけれど、今回はオリエンテーリングという競技を
通して、コンパスの使い方を学ぶことが目的なので、後発のチームに追いつかれても、
逆周りのチームと半分行く前にすれ違おうと、気にしない。気にしない。
おかげで、コンパスの使い方はすっかり身についた???と思う。。

しかし、前回同様途中で右ひざが痛くなってしまった。
痛くなると嫌だな~って思っていたのは、良くなかったな。
次回は、私より重い歩荷を担いで、ハツラツと歩いている先輩を目標にがんばろっと。

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

ロルフムーブメント 6回目

ロルフムーブメント6回目。4月から受講しているメンバーにとっては、ひと区切りです。

いつも通り講義から。
今日は私自身の集中力がなくて、ホワイトボードを写すだけで精一杯で、講義をじっくり
聞けていなかったので、とりあえずノートの通りに。。
前回の講義であった、ガンマモーターニューロンの説明。
(1)Grabity(重力)に関する統制をする
(2)コンシャスムーブメント(大脳支配の動き)にも対応し、協調させるように動く
 Bound flowな動き(意識的で無理やり)
  ⇔Free flowな動き(無意識的で効果的)
(3)Function(機能)
 ①直立
 ②Holds our history
 ③cordination of movement
 Pre-movement(動きの以前にある微細な動き)←大切!!

Rolfing(手技)・・体の癖落とし
Rolf Movement(教育)
 Rolfingを受けた人は、#10の間にMovementを逐次教えてもらっているのだけれど、この
 Movementのクラスは、Rolfingを受けてない人でも、Rolfing#10セッション受けた人と同じ
 くらいのMovementをマスターできるように進めてきたという説明。
ということで、今日は解剖学講義は短めにして、これまでにやったムーブメント総ざらえ。
 ☆印は初めてのもの
・Toes up,toes down(2回目)
・Grass Hopper(4回目)
☆Grass Hopper(うつぶせ)・・「Prone Grass Hopper」なんてどうでしょ?Proneてうつ伏せって意味のようです。
・強制版フォースクロージャー ・・「ダイナミックフォースクロジャー」 なんてどうでしょ?
・arm(pre-m)(5回目)・・・・・なんでしょ?(笑)
☆Walking
 後ろ向きで歩いて、足の親指を使う練習。
 前向きで、パートナーに胸骨のあたりを押さえてもらって、そこを押し出すような気持ちで一歩を
 踏み出す。こうすると、足を蹴りだす時により親指を意識することができるようになる。
 前も開いて、ズンズンって感じで前に進んでいく。
 混んだ大阪の町だとこの調子で歩くのって難しいですよねー(--;)
 普通に歩いてみると、体が左右に揺れすぎって注意された。。それって、私の癖なんだな~。
 人ごみで、そんなに前に行けない時に、力を横に振るのに慣れちゃったのかしらん・・・

ま、そんなこんなで一通りおさらいして、時間もちょっと過ぎてしまったので終了。
最後に、修了証をいただいて感激(^^)
自転車こぐのが楽になったっていう方もいて、う~ん。Movement効果が出てきてるみたい♪

7月以降継続する方・新しく入る方ごっちゃになるだろうから、どんなクラスになるのかな~?

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

推薦図書②

東京トレーニングにて使用予定のテキストを教えていただきました。
以前に紹介したものは省いています。
英語のテキストなどは似た名前のテキストが多いので間違ってたらご指摘ください。。

<必須テキスト>
★動きの解剖学
   Blandine Calais‐Germain (著), 仲井 光二
20050617211505s.jpg


以下のうち最低一冊

★ネッター解剖学アトラス
   Frank H.Netter (著), 相磯 貞和

★Anatomy: A Regional Atlas of the Human Body
   Carmine D. Clemente (著)

★Color Atlas and Textbook of Human Anatomy
   Elmer W., Md. Koneman (著), Stephen D., Md. Allen (著)


<推奨テキスト>
○一般
Job's Body: A Handbook for Bodywork
   Dean Juhan (はしがき), Deane Juhan (著)
JobsBodys.jpg



○解剖学・生理学
★Anatomy and Physiology the Easy Way (Barron's Easy Way Series)
   Edward I., Ph. D. Alcamo (著), Barbara Krumhardt (著), I. Edward Alcamo (著)
20050617211411s.jpg



★Color Atlas of Anatomy: A Photographic Study of the Human Body
   Johannes W. Rohen (著), Chihiro Yokochi (著), Elke Lutjen-Drecoll (著)
20050617211426s.jpg



★Atlas of Skeletal Muscles
   Robert J. Stone (著), Judith A. Stone (著)
20050617211418s.jpg



★An Illustrated Atlas of the Skeletal Muscles
   Bradley Bowden (著), Joan Bowden (著)
20050617211401s.jpg



★Trail Guide to the Body: How to Locate Muscles, Bones, and More
   Andrew R. Biel (著), Robin Dorn (イラスト)


○セラピューティック・リレーションシップ
★The Educated Heart: Professional Guidelines for Massage Therapists, Bodyworkers & Movement Teachers
   Nina McIntosh (著), Mari Gayati Stein (イラスト)
20050617211448s.jpg



  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

予習を始めよう

来年1月開始のUNIT1に向けて、英語に自信がないので、予習を完璧?!にしていきたいと
思っています。
解剖学・生理学共に初心者の私に、先輩から効率よく覚えるためのアドバイスをいただきました。
<<解剖学の暗記>>
1.メインの骨の名前を暗記
2.骨認識点(絵を描いて、英語で覚える。日本語の方が難しいそうだ。。
3.関節を覚える(事前に関節の種類・可能な動きを覚えた上で、各関節の名前・種類を覚える)
4.関節に関わっている筋肉を覚える。
5.筋肉の動き(Orgin,Insertion)を覚える。

書きながら???な部分も多いけれど、徐々に覚えていきたいと思います。
また、他にもアドバイスあればお願いします。

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

山登り教室 実技講習~足慣らし登山~

6月12日、実技講習ということで生徒・スタッフ総勢20名程で足慣らし登山に行ってきた。
コース:新神戸駅~市ヶ原~黒岩尾根~麻耶山~長峰尾根~阪急六甲駅

ほぼ初対面の方々との登山ということで、緊張して、全部荷物を忘れて参加してしまった
夢を見るほど緊張していた・・・

登り始めてみると、普段個人で登山するときよりも非常にゆっくりのペースで、
途中、木々の間から見える麻耶山頂があまりに遠くに見えることに凹みながらも、
スタッフの方々の励ましもあり、比較的順調に登ることができた。
(時々先頭に立たせてもらい、ペースの速さを注意されたりしながら)
景色も綺麗だし、暑さのせいで底をついていた飲み物を途中で購入することもできて助かった。
(持参する水分量については、今後の課題だな・・・いつもいつも途中で買えるとは限らないし。。)

麻耶山頂で、このまま下山したいという気持ちをこらえて、次の長峰山へ。
アップダウンのある道程で、疲労のせいか下りの際に右ひざの痛みを感じるように
なっていた。こうなると、後はひたすら早く山頂に着くのを祈るのみ・・・。
 右足のアライメントが崩れて外に流れる癖があるので、内側に体重が乗るように注意していた
 のだが、そうすると、右ひざの外側ががんばってしまうようで、今回はそこに痛みを感じる
 ようになってしまった。初回登山ということで、痛みがあるということをスタッフの方に伝えることが
 できなかったのも、いけなかったと思う。

また、足を痛めて動けなくなってしまったメンバーを、見ていることしかできなかった自分が、
情けなかった。想定できる範囲内の怪我であれば、何か手を貸してあげられるように
なりたいと感じた。

全体を通して、非常に長い道程だった。これは私だけかもしれないが、素人が楽しく登って
下りてこられるのは、4~5時間程度ではないかと思う。少し物足りないくらいの方が、次への
欲求が高まるってものだ。。

登山では、自分の体と向き合う時間がとても長い。
特に、疲労がたまってきた時などは、メンバーと会話することも少なくなり、自分の息遣いを
聞きながら、体の調子に耳を傾け、また自分の体を励ますのだ。

今回の登山では、あえて荷物を10Kgの重さにして負荷のかかった登山を試みた。
すると、やはり肩ががんばってくる。
"私には背中もあるし、私の体は地球が支えてくれている"と思ってみると、すっと肩の力が
抜ける気がした。そんなことを繰り返して、どんどんストイックになっていくのか?!

次回実技講習は、私市でのオリエンテーリング。コンパスの使い方などを教えてもらいます。

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

ロルフィング体験記~セッション9~

いよいよセッション9となった。セッション8同様、全体の統合だ。
りつこさんによると、座っている時はなかなかいい状態になったけれど、立ってみるとやっぱり
上半身ががんばってしまっているとのこと。 私の中の"体育会魂"ががんばっているらしい。。

ウォーキングから開始。下からの力が、胸郭の辺りまでうまく繋がってきているが、
そこから上がぴたりととまっていた。
ジャージもドレスも着こなせるウォーキングが目標だ。

まず、上向きに寝て腕ワークを開始。腕へのワークは、いつ触るかがとても難しく、
必要性があれば・・、というように優先順位としては下げられるものだということだが、
私にとっては優先度上げてワークした方がよいとの判断によって、じっくりみっちり腕ワークをして
いただいた。 デスクワーカーが増加しているという時代背景もあり、腕ワークは益々重要となってくるだろうとのこと
かなりきつい腕ワークの後、肩~(腕がなくて)~手という感じがした。
次に肩、首。肩にも結構きつめのプレッシャーを感じる。その後、ベッドの頭部分を下げて、
りつこさんに頭をゆだねる。首・頭の力を抜くように言われたが、力を抜くとはどういうことかが
わからない・・・そこで思い切って、"寝るっ"て思ったらうまくいった。
 寝てるときって自然と力抜けてるでしょ。「起きた状態でそれができたのはすばらしいですね」って言われたけど、
 実は半分意識なかったんですよね・・・(笑)

下向きで背中。いつものごとく、3本の筋肉が1本になってしまっているということで、ほぐしてもらう。
横向きで肩甲骨。ここもつまってしまっているので、ほぐしてもらう。ここがつまっていると、
後で上と下をつなげるときにきれいに伸ない可能性があるということで。
 背中と肩甲骨へのワークはロルフィングではなくて、しやすくするための準備だそうです。。
次は下向きで前回と同じやつ
・・ベッドの頭の部分を下げて、強制的に背中にアーチを作ったうえで、ワークするというもの。
そしていよいよスペシャルメニュー!
これは、私の体の状態・ロルフィングの理解・必要性という3つの条件が揃ったために
実施できたワークだそうだ。
驚きの体勢から、片側2回ずつのプレッシャー。ほんの一瞬だったけれど、
終わった後はぐた~って感じだった。     スペシャルにつき詳細は内緒。グフフ

>>終了後の感触
 腕をこてんぱんにワークしていただいたせいか、前腕の悪いものが中から
 吹き出してくるかのように、だるぅい状態。腕を動かすと、肩甲骨周りも同様にだるぅく感じる。
 なんだかとっても疲れた感じがしたので、早めに寝ることにした。
 ・・夜中に目が覚めると、相変わらず右腕だるし。。
 翌日、目が覚めると、腕・肩のだるさはなかった。けれど、せっかくほぐしてもらった肩甲骨が
 元に戻らないようにするにはどうしたらいいかと思うと、肩甲骨の居場所が落ち着かない。
 まぁ、何日かすれば落ち着くでしょう(^^)
 ==2日後には落ち着きました。


クライアントワード”元気な子”に決定!!

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

山登り教室 開講

6月7日から、「山登り教室」が開講した。
机上講習11回、実技講習3回を\18,000で、現役の"やまや"(って自分達のことを呼んでいた)が
教えてくれるので、とってもお得なんじゃないかと思う。
そして、修了登山として2泊3日の槍ヶ岳登山があるのだ!!
当初から、自分達だけで槍ヶ岳に登ることに不安があったので、経験豊富な先輩方に同行して
いただけるなら、こんな心強いことはない。と思って、参加を決めた。
思っていたより若い方が多く、登山経験の少ない方が多かった。

初回は、スタッフ紹介、自己紹介などのオリエンテーリングと、講義「山の装備」があった。
きちんと、テキストをファイルして配布してくれて、やっぱ"やまや"さんて、まめな方が多い
のよね~(^^) スタッフも普段は普通のサラリーマンだそうだし。
前年と比べて、参加者が随分少なかったそうだけれど、一応2チームに分かれた。
私は、残念ながら?!旦那様とは別チームで、男性2人と同じチーム。
旦那様は男女2名ずつのチーム。
それにヘルプスタッフが2名ずつついてくれるのだから、なかなか充実した体制だ♪

6月12日には早速「足慣らし登山」で六甲へ行く。天気が悪そうだけれど、多少の雨なら決行らしい。
彼らは本気だ・・・・
しかも、初回から10Kgの重りを背負って歩程5~6時間の予定らしい。
どこが足慣らしやねんっ!!
旦那様&私は、一度行った事があるコースだが、とっても長くてめちゃめちゃつらかったように
記憶している。最初からそんなつらいことして、みんなついてこれるんだろうか、、
って自分が一番心配だったりして。。

最近、いろんなことに手を出している気がする。
まぁとにかく山は8月までだから、それまでがんばろ~。

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

カテゴリ変更

「体力増強」改め「山登り」としました。
6月から始まった山登り教室についても、Upしていきます。

  滋賀県大津市、静岡県磐田市にて、ロルフィングのセッションをしています。
 
 

ロルフムーブメント 5回目

ムーブメントもとうとう5回目。一応、3ヶ月一区切りなので、次回が最後となる。
私は、7月以降も通おうと思っているし、そうおっしゃっている方が他にもおられるけど、
来られなくなる方もいるのかな?みんな、とてもいい人たちばかりで、仲良くなれたから、
せめて9月まではご一緒できれば、、と思っている。
(といいつつ、まだ継続の手続きしてなかったっ。。)

Anatomyの講義。
今回は、「頚長筋」の紹介。首を動かすのに、斜角筋を使う人が多いけれど、頚長筋を使って首を
動かすことができるということ。
ボール版ペルビックロックで、耳の奥の頚椎が揺れていることを感じようとしてみる。
揺れているというイメージを持つことはできた。
またもう一つ「手の目、足の目」のAnatomy的説明。
ムーブメントでは、γモーターニューロン(運動神経)にアクセスしたい。
 幹脳に近いところ・・体の深部に関わるため
γモーターニューロンは、姿勢を保つために常に(長時間)緊張し続けることができる、
トニックマッスル(遅筋)のスピンドルファイバーにたくさん備わっているが、特に、手の目・足の目
付近の筋肉「虫様筋」に多く備わっている。

ムーブメント開始。
前々回にやった、フォースクロージャーのための動きは、非常に難しかったので、今回は
ダイナミック!?な動きで脊椎を一つ一つ動かすことに再チャレンジ。
仰向けに寝て、脚を上に上げる。お尻は壁にぴたっと貼り付けるので、脚は壁が支えてくれる。
腕を上に"前へならえ"するみたいに上げてから、お尻を持ち上げる。脚も上に上っていく。
腕を上に上げるのは、背筋を使わず、トランスバース(腹横筋)を使うため。
頚椎7番目あたりまで背中を持ち上げたら、一つ一つ下ろしていくイメージ。
正直、イメージはできるようになったけれど、骨の数を数えているわけではないので、一つ一つ
動かせているかどうかは不明。。でも、パートナーのを見ていると、少しずつ下りていくというのが
どういう動きになるかが、分かった気がした。
今日の動きは、結構きついな~。これを20分もやるのかな~。。と少し不安になっていると、
次のムーブメントへのご案内が・・・ホッ

次は、バランスボールを両手で持って、上下させる動き。
肩甲骨を動かすことで、腕は上に上がるということを知るため。
肩甲骨は動かせて、肩を上げずに腕を上げることができた。が、上の方にくると、
右肩や右上腕の前の方がきつくなる。これをなんとかしたいな。
パソコンに向かうとき、キーボードにおいた私の腕は、どう持ち上げているだろう?
一つ言えるのは、気づくと肩が持ち上がっているということ。
今日習ったこと、今後の生活で意識したい。
プロフィール

winniepooh

  • Author:winniepooh
  • 主婦5年目です。
     2007年5月からロルファーとして活動中!
    コメントやトラックバック内容が不適切と判断した場合は削除させていただきますのでご了承ください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。